ヘッダー画像からトップリンク

母のつぶやき

母ダウンで感じた家族の愛

投稿日:2021年8月10日 更新日:

久しぶりに寝込んでしまいました

1週間前から、息をするのが苦しくなり、

手持ちの喘息の薬を飲んで、気管支拡張の吸入器を吸っても薬が効かず、1日2回と処方されている薬を、1日4回に勝手に増やして飲んでしまうくらい、息が苦しくてヤバい感じ

コロナ対策はマメにしている方だけれど、

やはりこれだけ蔓延していると、、、

ついにきてしまった・・・

子供達には平常心を装いながらも、内心ドキドキしながら病院を受診。

結果・・・

コロナではなく、なんらかの感染症からくる喘息との事。

とりあえずコロナじゃなくてよかった、、、

抗生剤と、炎症を抑える強めの薬をもらって、その日から三日間ひたすら眠り続けてしまいました。

結婚前に猫と暮らしていて猫アレルギーになってから、喘息持ちになってしまった私。

けど、最近は風邪をひくこともなくて、こんな状態になるのは10年ぶりくらい?

深呼吸しても、わずかな酸素しか感じられなくて、息が出来ない事の怖さ、久しぶりに味わいました

地上にいるのに、水中にいるみたいに息が出来ない
これって恐怖でしかないです。

コロナだったら?と不安になって改めて思ったのは、

私が感染したら、家族皆への感染率100%という事。

お味噌汁の味見はお玉でしているし、家ではマスクしてないので、勿論お料理中もマスクなしだし、それだけで、きっと皆に感染させてしまう。。。

とりあえず、お玉で味見をする事はやめて、お椀でする事にしよ。

今までは、外から持ち込まないように気を付けて、買い物から帰ったら、車のハンドルやドアノブ、家のドアノブ、携帯、お財布は除菌シートでふきふき。

エコバックはお洗濯。宅配便の箱は数日触らない。など、気を付けてきてたけど、

家庭内感染を防ぐのって、難しい。。。

 

けど、今回久しぶりに私が寝込んでしまった事で、思わぬ喜びもありました

弟くんが、

弟くん
俺が朝ごはん作るよ!

と、毎朝6時に起きて、玄米を精米してお米を研ぎ、ボーンブロスのお味噌汁を作り、ぬか漬けも入れ替えて、朝ごはんを作ってくれました

メニューも替えて、朝から本格的なトマトリゾットや、トルティーヤなど、前の晩にメニューを検索して、一生懸命作ってくれました

学校の日は起こさないと起きなくて、自分で目覚ましして起きた事一回もないのに・・・
きちんと6時に目覚ましして起きてきた事にまずビックリ。

私は夜中に苦しくて起きてしまうので、朝はソファに転がって寝ている状態。

弟くんが朝ごはんを作ってくれる音を聞きながら、、、幸せな気持ちを噛みしめる反面、改めて自分が老いた時に子供達に迷惑をかけちゃいけないなぁと考えたりしてしまいました。

普段、お手伝いを頼んでも面倒くさいと気持ち良く引き受けてくれないお兄ちゃんも黙々とお掃除をしてくれたり、寡黙で口下手な旦那さんも家の中の事、全部やってくれて、家族に助けられた数日間でした。

皆ありがとう

今日から、フル復活で母業頑張ります

栄養療法は最強の治療法だと思います。まずは知る事!そして出来る事から実践してみてくださいね。大丈夫!きっと良くなります!

お薦めサプリ: EPA/DHA

いろいろなサプリを試した結果、私がおススメしたいのはさかな暮らしのEPA・DHA。
我が家では、家族全員が毎日摂取しています。
それが出来るのも、この配合量で1ヶ月2520円!というコストパフォーマンス的にも一押しのサプリ(^^)/

なかなか知られていないと思いますがEPAの含有量がDHAより多く配合されているメーカーは少数。有名どころの大手メーカーはEPA<DHAの配合量なのがほとんど。

脳神経機能改善・血流改善・抗酸化作用・抗炎症作用と多くの効果があるEPA・DHAは必須サプリです。

 

みやび

コストパフォーマンス的には、みやびのDHA・EPA・おめがプラスは、含有量が857mgの高配合で、1ヶ月1,776円!これなら続けやすいですよね。^^

 

お薦めサプリ: K・リゾレシチン


【K・リゾレシチン】アルファベスト(生ゼリータイプ)
このリゾレシチンは、「軽度認知障害を治療又は予防するための組成物」として特許を取得した画期的なサプリなのです。

摂取後わずか10分~15分ほどで「血液脳関門」を透過し、脳神経細胞に吸収されて、脳内ホルモンの分泌促進やバランスをとることに成功したサプリ。

クリニックで処方される方が多いと思いますが、我が家の兄弟は、この優秀なリゾレシチンとの出会いで助けられました。

↓ポチッとして頂けると励みになります。(*^^*)

  にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ

-母のつぶやき

Copyright© 起立性調節障害 克服日記:にじいろ , 2022 All Rights Reserved.