ヘッダー画像からトップリンク

お兄ちゃん(中1~大学1現在)

【ODと診断されるまで1】中学に入学して4日目に突然ダウン

投稿日:2016年5月1日 更新日:

その日は突然やってきました。

中学の入学式を指折り数えて楽しみにしていたお兄ちゃんが、中学に入学後4日目にして突然のダウン。

この日から、微熱・頭痛・吐き気・食欲不振・腹痛の症状が始まり、いつもの小児科に診てもらった診断は「急性胃腸炎」。

ナウゼリンとカロナール、それと、お腹の動きもピタっと止まってしまったので、座薬も処方してもらって様子見という事になりました。

まだこの時点では、「新しい環境で疲れたのかな・・」と思うくらいで、まさかここから2年という月日の悪夢が始まるなんて予想だにしていませんでした。

1週間が過ぎた頃には、微熱が高熱になる時もあり、

相変わらずご飯も咽を通らない為、クラクラと目まいもするようになってしまい、更に38℃越えの高熱が続いたのでインフルエンザの検査をしてもらいましたが、結果は陰性。

代わりに、3日間飲んだら1週間効くという抗生物質、ジスロマックを処方されましたが熱が下がる事はありませんでした。

念のためと、MRIとCTも撮って診てもらいましたが、結果は特に異常なし。

血液検査、尿検査、レントゲンも異常なしでした。

 

セカンドオピニオン

異常なしと言われても、明らかに具合が悪くて苦しんでいるのですから、納得なんて出来るはずがありません。

セカンドオピニオンで近くの小児心療内科を受診しました。

3週間で体重が5キロも落ちている事に危機的状況と言われ、チョコでもジュースでもなんでもいいからカロリーのある物を摂るようにしてくださいとの事。

この後、心療内科医のアドバイス通り、お兄ちゃんが少しでも口に出来るのならと・・・

野菜ジュース・チョコレート・菓子パン・ラムネなどを買い置きするようになるのですが、

今思えば、こんな糖質まみれの物ばかりでは病状を悪化させるだけという事がわかります。ですが、この時の私は本当に無知で、医者の言う通り「とにかくお兄ちゃんが口に出来るものなら」という視点でしか見る事が出来ませんでした。

ですが・・・
母ですから、ただただ我が子を助けたくて必死です。

私としては、健康オタクを自負していて、お兄ちゃんがお腹に来てくれた時からマーガリンは止め、パンは手作り、添加物にも気を付けて、お惣菜や冷凍食品は買わず手作りの物で育ててきてたのですが、

この時はお兄ちゃんが日に日に痩せていくのが怖くて、とにかくなんでも良いから食べて欲しいと右往左往するばかりでした。

今の私ならもっと出来る事が沢山あったのに・・・

 

精神薬という泥沼への導き

sad-597089_640

心療内科で言われたのは、「鬱ですね」「積極的に薬を使っていきましょう」との診断で、ドクマチール、ロラゼパム、クッドミン、酸化マグネシウムを処方されました。

今なら絶対に飲ませません!

この頃の私は完全に医者頼りだったので、「薬を飲めば病気は治る」と心底信じて頼り切っていました。

こんなにも初期段階で、これだけの精神薬を飲まされたお兄ちゃんは、ここから精神薬の泥沼にはまり、更に悪化の一途をたどる事になってしまいます。

処方された精神薬を飲み始めてからは、体の不調に加えて、精神的な異常も訴え始めるようになりました。

毎日のように悪夢を見るらしく、寝るのを怖がるようになり、マッサージして寝かせてあげようとしても、触られるのも「ゾワゾワして嫌」と言い、成すすべがありませんでした。

精神薬を飲み始めてから1週間過ぎた頃には、幻覚・幻聴も訴えるようになり、

頭痛(脈を打つような感じ、歩くと痛い、お風呂に入ると緩和される)・食欲不振・微熱・めまい、腹痛(ズキズキ)・幻覚(天井の模様がコウモリに見えたり、誰かに見られているような感じ)・幻聴(竹藪の中にいるようなザワザワした感じ)・光をまぶしがる・起きていられない・家族で楽しい事をしていてもイライラが収まらない。

こんなにも体が悲鳴をあげているのに、この時の私は精神薬がお兄ちゃんの体を壊している事に気づかず、病院探しばかりしていた大馬鹿者です。。

今の私なら、絶対に精神薬なんて飲ませずに、取り急ぎ点滴で水分補給してもらいながら、少ししか食べられない分、最良の食事を用意して、ビタミンCを1日に何回も飲ませてあげて、体と心が落ち着くまでゆっくりと休ませてあげられるのに・・・

ここから長い長い悪夢が始まります。。。

▼次ページ

薬に殺される日本人-医者が警告する効果のウソと薬害の真実
内海聡

テレビが報じない精神科のこわい話-精神科は今日もやりたい放題
内海聡

栄養療法は最強の治療法だと思います。まずは知る事!そして出来る事から実践してみてくださいね。大丈夫!きっと良くなります!

お薦めサプリ: EPA/DHA

いろいろなサプリを試した結果、私がおススメしたいのはさかな暮らしのEPA・DHA。
我が家では、家族全員が毎日摂取しています。
それが出来るのも、この配合量で1ヶ月2520円!というコストパフォーマンス的にも一押しのサプリ(^^)/

なかなか知られていないと思いますがEPAの含有量がDHAより多く配合されているメーカーは少数。有名どころの大手メーカーはEPA<DHAの配合量なのがほとんど。

脳神経機能改善・血流改善・抗酸化作用・抗炎症作用と多くの効果があるEPA・DHAは必須サプリです。

 

みやび

コストパフォーマンス的には、みやびのDHA・EPA・おめがプラスは、含有量が857mgの高配合で、1ヶ月1,776円!これなら続けやすいですよね。^^

 

お薦めサプリ: K・リゾレシチン


【K・リゾレシチン】アルファベスト(生ゼリータイプ)
このリゾレシチンは、「軽度認知障害を治療又は予防するための組成物」として特許を取得した画期的なサプリなのです。

摂取後わずか10分~15分ほどで「血液脳関門」を透過し、脳神経細胞に吸収されて、脳内ホルモンの分泌促進やバランスをとることに成功したサプリ。

クリニックで処方される方が多いと思いますが、我が家の兄弟は、この優秀なリゾレシチンとの出会いで助けられました。

↓ポチッとして頂けると励みになります。(*^^*)

  にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ

-お兄ちゃん(中1~大学1現在)
-,

Copyright© 起立性調節障害 克服日記:にじいろ , 2022 All Rights Reserved.