ヘッダー画像からトップリンク

兄: 大学生

お兄ちゃん久しぶりに風邪でダウン

投稿日:2022年4月26日 更新日:

「ここんとこ風邪ひかなくなったねー」

と言っていた矢先に、お兄ちゃんダウン。。。

大学入学早々にダウンって、、、本当に風邪?

お兄ちゃんの症状は、1日だけ微熱が出て、あとはずっと頭痛が続いていて、だるい感じ。こんな状態が続いて1週間が経ってしまいました。

中学入学の時、3日後に倒れてから暗黒時代に突入し、車椅子生活にまでなってしまったあの時の事がフラッシュバックしてしまいます。

ICUは、対面授業が始まってることから、

「発熱関係なく、風邪症状がある人は8日間登校禁止」

との規則があって、保健室と連携を取りながら結構厳重に管理されているので、お兄ちゃんは公休としてお休みしているわけですが・・

どうやら本当に風邪ひいてる様子。。。

やっぱり、HSP気質で環境の変化に弱いお兄ちゃんは、過度なストレスがかかってたんだよね、きっと。

それと、強迫性障害で手洗いや身体の洗い過ぎも、免疫力低下の原因の一つ。

手や身体をゴシゴシ洗いすぎると、皮膚の常在菌までもそぎ落としてしまって、皮膚がもともと持っているバリア機能が荒らされ、風邪をひきやすくなってしまう。

この事も何度も言ってるけど、「洗わないと気が済まない」という困った思考になってしまっているのが、強迫性障害。

手を洗いすぎてはいけない

超清潔志向が人類を滅ぼす

藤田紘一郎

 

とにもかくにも、いろんな事が重なってダウンしてしまったのだから、休ませてあげるしかないよね。。

久しぶりに、小建中湯を飲ませて、ビタミンCも多めに摂って、

あとはできるだけ体を冷やさないように、温かい物を作って、

食欲がなくても食べられるように、お兄ちゃんの好きな物中心に食事を作って過ごしてきました。

お兄ちゃん「今はお腹空いてないからいいや」

母「えーミネストローネ作ったんだけどなぁ~」

「まじで? 食べます!!」

てな感じ。

 

そして、「毎日お刺身を摂るように」と言われている課題ですが、"風邪のときには生ものは食べないほうがいい" と聞いた事があるので、調べてみました。

これは賛否両論あるようですが、私の解釈では、

刺身が消化が悪いわけではなく、生ものを食べる時のリスクとして、アニサキスなどにあたった時の事を考えて、免疫力が低下している時には避けた方がいい。

という事でした。

なので、刺身自体は栄養価も高いので風邪の時に食べても大丈夫。というのが私の見解。

そもそも、スーパーで切り身として売られているお刺身は、一度冷凍されている物が多いので、冷凍された時点でアニサキスは死滅しています。

もともと食あたりしやすい貝類などは、免疫力が弱っている時に食べない方が賢明ですが、ビタミンAが豊富なサーモンなんかは積極的に食べさせたいくらい。

お兄ちゃんも、

お兄ちゃん「ICUは楽しみにしてるよ」

と言ってるので、なんとか早く元気にしてあげたい。

HSPだとしても、強迫性障害だとしても、その気質を抱えながら生きていく為には、休み休みでもいいから、お兄ちゃんが生きやすい道を見つけてくれたらいいな。

栄養療法は最強の治療法だと思います。まずは知る事!そして出来る事から実践してみてくださいね。大丈夫!きっと良くなります!

お薦めサプリ: EPA/DHA

みやび

コストパフォーマンス的には、みやびのDHA・EPA・おめがプラスは、含有量が857mgの高配合で、1ヶ月1,776円!これなら続けやすいですよね。^^

有名メーカーのサプリは、宣伝費が入っている分高額になってしまうし、含有量もみやびより少ないので、断トツみやびに軍配があがります。

我が家では、家族全員で毎日摂取しています♪

脳神経機能改善・血流改善・抗酸化作用・抗炎症作用と多くの効果があるEPA・DHAは必須サプリ!

 

お薦めサプリ: K・リゾレシチン


【K・リゾレシチン】アルファベスト(生ゼリータイプ)
このリゾレシチンは、「軽度認知障害を治療又は予防するための組成物」として特許を取得した画期的なサプリです。

摂取後わずか10分~15分ほどで「血液脳関門」を透過し、脳神経細胞に吸収されて、脳内ホルモンの分泌促進やバランスをとることに成功したサプリ。

クリニックで処方されて知る事になりました。ちょっと高いですが、受験期を乗り越えられたのも、この優秀なリゾレシチンとの出会いがあったおかげかもしまれせん。

↓ポチッとして頂けると励みになります。(*^^*)

  にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ

-兄: 大学生

Copyright© 起立性調節障害 克服日記:にじいろ , 2022 All Rights Reserved.