ヘッダー画像からトップリンク

母のつぶやき

「元気そうで良かった」の言葉がどれほど残酷なことなのか

投稿日:2017年4月4日 更新日:

私も気軽に使っていた言葉ですが、

「元気そうで良かった」
という言葉がどれほど残酷なものなのか、今まで知る余地もありませんでした。

この言葉をかけてくれる人は悪気なく言っている事は百も承知です。

久しぶりに会った人に特にかける言葉が見つからない場合、当たり障りなくかける言葉だったり、落ち込んでいる人を励ます意味で言っていたり、どちらにしても深い意味もなく使っている言葉だと思います。

けど、起立性調節障害で苦しんでいる子供にとって、この「元気そうで良かった」という言葉がどれほど残酷なものか、この立場になるまではわからないことでした。

私も子供も、どんなに辛くても外では頑張って気丈にしています。
知り合いのお母さんに会ったら「こんにちは」と挨拶だってします。
そんな姿を見て、
「元気そうで良かった」と言われた私達の心情としては、

「元気じゃないよ。今もやっとの思いで病院に行ってきた帰り道で・・」

「元気じゃないから、気晴らしに出かけてきたの」

そんな、言えなかった言葉を心の中でつぶやいてみたりします。

「理解してもらえてない」という寂しさが沸き起こり、
苦笑いをしてその場を立ち去り、悲しい気持ちを抱えて帰ります。

誰もが知っているような大変な病気だったら、そんな事言われないのかもしれません。わかりやすく心配してもらえるのかもしれません。

子供の中には、「元気そうに見えるのに、どうして学校に行かないの?」と思われたかなという、悲しい思いが残ります。

そういう思いを繰り返していくと、外に出るのも人目を避けて出るようになってしまいます。しまいには出かけられなくなってしまいます。

こんな些細な事で傷つくの?
と普通の人には理解出来ない事かもしれません。

だけど、自分の子供が起立性調節障害になって、学校に行けなくなって、食事も咽を通らなくなって、起きているのがやっとという状態の時には、こんな些細な事でさえも涙が出てきてしまいます。

今まで自分も使っていたこの言葉が、こんなにも無責任な言葉だったなんて、自分が味わうまでは知る事が出来ませんでした。

だから今は、

「元気にしてた?」と聞くようにしています。

元気だよ!と返ってくれば勿論嬉しいですが、元気じゃなかった時でも状況を聞いてあげる事が出来ますから。

キリツテイン

栄養療法は最強の治療法だと思います。まずは知る事!そして出来る事から実践してみてくださいね。大丈夫!きっと良くなります!

お薦めサプリ: EPA/DHA

いろいろなサプリを試した結果、私がおススメしたいのはさかな暮らしのEPA・DHA。
我が家では、家族全員が毎日摂取しています。
それが出来るのも、この配合量で1ヶ月2520円!というコストパフォーマンス的にも一押しのサプリ(^^)/

なかなか知られていないと思いますがEPAの含有量がDHAより多く配合されているメーカーは少数。有名どころの大手メーカーはEPA<DHAの配合量なのがほとんど。

脳神経機能改善・血流改善・抗酸化作用・抗炎症作用と多くの効果があるEPA・DHAは必須サプリです。

 

みやび

コストパフォーマンス的には、みやびのDHA・EPA・おめがプラスは、含有量が857mgの高配合で、1ヶ月1,776円!これなら続けやすいですよね。^^

 

お薦めサプリ: K・リゾレシチン


【K・リゾレシチン】アルファベスト(生ゼリータイプ)
このリゾレシチンは、「軽度認知障害を治療又は予防するための組成物」として特許を取得した画期的なサプリなのです。

摂取後わずか10分~15分ほどで「血液脳関門」を透過し、脳神経細胞に吸収されて、脳内ホルモンの分泌促進やバランスをとることに成功したサプリ。

クリニックで処方される方が多いと思いますが、我が家の兄弟は、この優秀なリゾレシチンとの出会いで助けられました。

↓ポチッとして頂けると励みになります。(*^^*)

  にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ

-母のつぶやき

Copyright© 起立性調節障害 克服日記:にじいろ , 2022 All Rights Reserved.