ヘッダー画像からトップリンク

起立性調節障害

起こした方がいい? 寝かせてあげた方がいい?

投稿日:2021年6月14日 更新日:

起立性調節障害と診断された子達って、「生きてる?」って心配になっちゃうくらい昏々と寝ちゃいますよね。。。

最初の頃は、起立性調節障害というものが何なのか全く理解がなかったので、昏々と寝てしまう様子が不安で、ちゃんと息をしているか・・何度も生存確認していたものです。

ある程度の時間で起こした方がいいのか、
昼夜逆転してでも寝かせた方がいいのか、

起立性調節障害の親の会でも、よく話題になっていました。

 

起こした方がいい? 寝かせてあげた方がいい?

睡眠障害の専門医が仰っていたのは、

「必要な睡眠時間はひとりひとり違う」

「時間ではなく質が大事」

至極当たり前の事ですが、起立性調節障害の子に当てはめて言うと、

「昏々と寝てしまうのには、身体が休まなければいけない理由がある」
という事。

なんらかの原因で自律神経の調整異常が起きてしまい、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできなくなり、朝になっても交感神経のスイッチが入らない為、脳を含めた全身での血流が低下している状態なので、脳が覚醒することなく眠り続けてしまうのですね。

ここで無理に起こしても、そもそも起きられないし、起きたところで脳に血流が行かない状態なので、吐き気、目まい、頭痛などで気分が悪くなってしまいます。

 

自律神経が乱れてしまう原因

その自律神経が調整異常となっている原因として言われているのは、

  • 身体の成長に自律神経の発達が追い付いていない為の不調
  • 精神的ストレス
  • 環境の変化
  • 光や音、温度などの身体的ストレス
  • 慢性的な寝不足
  • 不規則な生活
  • 偏った食事

などと一般的には言われていますが、鉄欠乏によるエネルギー産生不足、機能性低血糖症、副腎疲労、腸管漏出症候群(リーリーガット症候群)、重金属アレルギー、カンジタ菌などが影響している事もありますので、

私が思うのは、起立性調節障害や心療内科の病院を探すより、これらの検査が出来る栄養分子療法の病院を探した方がよほど回復の近道になると思います。

 

睡眠不足になるとどんな症状が起きるのか

睡眠不足が続いてしまうと、自律神経のバランスが崩れて交感神経が優位になってしまい、様々な不調が出現してしまいます。

  • 暴力的になる
  • 破壊衝動が起こる
  • 不安感が増す
  • 協調性の低下
  • 集中力の低下
  • 問題行動が増える

起立性調節障害の子って、長時間寝ているようで熟睡出来ずに質的睡眠不足状態ですよね。。。

しかも、目覚めた後も頭がスッキリしないというのは、そもそもが質的栄養失調の可能性があるので頭が回らない。。。

▼栄養分子療法の理解はこの二冊がおススメ▼

  

↑本をクリックするとAmazonに飛びます。

身体がツライんだもの、イライラするのは当たり前ですよね

 

いろいろな事を試してきました

体内時計を治す方法として言われているのは、

  • 朝陽を充分に浴びさせてあげる
  • 夜寝る前は電子機器のブルーライトを見ないようにする
  • 日中ゴロゴロせず、体を動かすようにする
  • 日中太陽の光を浴びるようにする
  • ストレスのない生活を心がける

これらの事は勿論全て試してきました。

朝、私が起きた時に子供部屋のカーテンを全開にする事や、夜中にiPadが使えないように時間制限をかけてみたり、体調悪すぎて散歩に行けない時にはベランダにシートを敷いて太陽の光を浴びてみたり、起きてほしい時間にラジオが鳴るようにしてみたり、、、

けど、正直どれも効果なかったかなぁと思います。

見える効果は感じなかったけど、もしかして体の中では見えない効果はあったのかもしれないんですけどね。。。太陽を浴びるとか絶対にいいと思うので。

 

あくまでも我が家の場合の一例ですが、

我が家のODっ子の兄弟は、遮光カーテンを閉めずに寝ています。
最初の頃は真っ暗な部屋で寝ていて、昼もカーテンを開けるのを嫌がり、ずっと暗い部屋で寝ていた時期もありましたが、いつの頃からかカーテンを閉めずに寝るようになりました。(自主的に)

それでも、起きなかったですよ。
「起きられるようになりたい」という意思で、遮光カーテンを閉めないようにしているのだと思いますが、朝陽がこうこうと照らされたベッドで昏々と寝ていました。

それと電子機器問題は、いろいろ試した結果、時間制限などせずに本人達に完全お任せで渡しています。

起立性調節障害と関係なく、寝つきに良くないと言われているブルーライト浴び放題が悪い事は勿論承知の事ですが、眠れない時間を何もする事なく過ごす事の辛さ、そのストレスの方がダメージが大きかったので、我が家ではそのような結論になりました。

実際問題、眠れない夜、真っ暗にした部屋でベッドに横になっているだけで悶々と過ごすなんて、辛すぎですよね。。。

 

以前通っていた起立性調節障害の専門医に言われたのは、

夜寝る時間を調整するのは難しいと思うけれど、朝起きる時間を少しずつずらすのも一つの方法だよ

と言われた事があり、
いつもの起きる時間の30分前、1時間前と少し早めに起こしてみたりした事もありましたが、OD兄弟を数年間見てきた結論としては、結局無理に調整しようと思っても体内時計が整う事はありませんでした。

 

結論!

という事で、起立性調節障害と診断されてしまったら、、、

全てのしがらみから解放してあげて、まずはとんとん寝かせてあげる方が回復への近道のように思います

結局は、

体が整ってくると睡眠サイクルも自然に整ってくる!

起こすか起こさないかよりも、

その子その子で抱えている不調の原因、質的栄養失調なのか、遅延型アレルギーが原因で腸管壁浸漏なのか、精神的なストレスを抱えているのかを早く見つけてあげる事が回復への近道になると思います。

▼ネットでも受けられる検査キットがあります

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料込み!!】 IgG 食物過敏 セミパネル (120項目) (1セット)【Ambrosia(アンブロシア)】
価格:32340円(税込、送料無料) (2021/6/15時点)

楽天で購入

 

栄養療法は最強の治療法だと思います。まずは知る事!そして出来る事から実践してみてくださいね。大丈夫!きっと良くなります!

お薦めサプリ: EPA/DHA

いろいろなサプリを試した結果、私がおススメしたいのはさかな暮らしのEPA・DHA。
我が家では、家族全員が毎日摂取しています。
それが出来るのも、この配合量で1ヶ月2520円!というコストパフォーマンス的にも一押しのサプリ(^^)/

なかなか知られていないと思いますがEPAの含有量がDHAより多く配合されているメーカーは少数。有名どころの大手メーカーはEPA<DHAの配合量なのがほとんど。

脳神経機能改善・血流改善・抗酸化作用・抗炎症作用と多くの効果があるEPA・DHAは必須サプリです。

 

みやび

コストパフォーマンス的には、みやびのDHA・EPA・おめがプラスは、含有量が857mgの高配合で、1ヶ月1,776円!これなら続けやすいですよね。^^

 

お薦めサプリ: K・リゾレシチン


【K・リゾレシチン】アルファベスト(生ゼリータイプ)
このリゾレシチンは、「軽度認知障害を治療又は予防するための組成物」として特許を取得した画期的なサプリなのです。

摂取後わずか10分~15分ほどで「血液脳関門」を透過し、脳神経細胞に吸収されて、脳内ホルモンの分泌促進やバランスをとることに成功したサプリ。

クリニックで処方される方が多いと思いますが、我が家の兄弟は、この優秀なリゾレシチンとの出会いで助けられました。

↓ポチッとして頂けると励みになります。(*^^*)

  にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ

-起立性調節障害
-

Copyright© 起立性調節障害 克服日記:にじいろ , 2022 All Rights Reserved.