ヘッダー画像からトップリンク

病院・検査編 食事・サプリ

カウンセリングで管理栄養士さんに指摘された改善点

投稿日:2021年11月10日 更新日:

お兄ちゃんの体調が悪い日が続いているので、毛髪検査後から経過観察をして頂いているナチュラルクリニック代々木の管理栄養士さんにカウンセリングをして頂きました。

私的には出来る事を最大限努力しているつもりでしたが、管理栄養士さんとお話しさせて頂くと、まだ見直せる所もあり、とっても勉強になりましたので、その時の内容をここにシェアさせて頂きます。

 

現状報告

コロナ禍でリモート授業が多くなり、学校に行かない期間自宅で過ごしている間は体調も良かったが、通常登校がはじまってから強迫性障害の症状が強くなってきてしまった。

◆現在の食事状況◆

  • 低糖質、高たんぱくの食事。
  • 毎朝ボーンブロスのお味噌汁。
  • 化学調味料は捨て、天然出汁を毎日摂取。
  • 発酵玄米5:白米5
  • 炒め物には、ココナッツオイル・米油、オリーブオイルのローテーション。
  • サラダやスープにMCTオイル・亜麻仁油。
  • ドレッシングはたまに使用。
  • グルテンフリー・乳製品フリー。
  • パンは基本的に米粉パンを手作り。
  • 1ヶ月に1.2回、小麦のパンを手作り。(天然酵母使用)
  • 乳製品は、たまにチーズを摂取。
  • お肉は、豚・鶏・牛をなるべくローテーション。
  • 卵は一日2個くらいまで。

◆摂取サプリ◆

 

改善点

  • タンパク質の摂取がお肉中心なので、もっとお魚を増やした方がいい。出来れば、週に2.3回。もっと多くても良い。
    カツオ・アジ・イワシ・ブリなどをお刺身で摂れたらベスト。
    DHA・EPAサプリも摂取しているが、お刺身では1切れで1gくらいのDHA・EPAが摂取できるので効率的。
    いろんな栄養素を摂るという意味で、ローテーションするのがおススメ。

 

  • お魚の油とお肉の油って働きが違うので、脳の血流を促してくれるとか、脳の情報伝達を促してくれるDHAが特に脳に多く存在している。不足すると情報伝達が上手くいかなくなるので、不安感が出やすかったり強くなったりする。
    その油が一番多く摂れるのは、お刺身。難しければ、焼き魚とか煮魚とかでローテーションしても構わないので、お魚が飽きない程度の範囲で摂取。

 

  • 生ものは基本的に消化に負担がかかってしまう。お腹の状態が整っていなかったり、ご自身の体の中に消化液が上手くできていない場合に生ものを食べると、消化が追い付かなかったりして、なんとなく体調が悪くなってしまう事もあるので、その場合はお刺身にこだわらず別の調理法でお魚を摂取。缶詰も汁ごと摂ればOK。

 

  • 体調悪い時は、小麦・乳製品は断食がベスト。

 

  • GABAが不足すると不安感が強くなってしまう。
    血糖値の安定、ホルモンに影響して精神面に関係してくるので、発芽玄米をしっかり摂るといい。トマトもおススメ。必要ならサプリで足してあげる。
    出来れば、玄米5:白米5を見直し、白米を止めて発芽玄米のみにしてあげる。

 

  • 電磁波の影響も大きい。
    オンライン授業とかでも個人差が大きいけれど、疲れが顕著に出る人も居れば、長期的に続いて出る人もいる。敏感な人は少しの電磁波でも影響受けやすい。
    電磁波ブロックを付けるといい。体調が悪い時には、より気を付けてあげるといい。

 

  • プロテインは大豆だけを毎日摂るのは止めた方がいい。
    どんな人でも、ずっと同じ物を摂り続けるとアレルギー反応を起こしやすい。3日摂ったら1日お休みするとか、さやえんどう・ビープロテインなどでローテーションするといい。

 

  • リゾレシチンを増やしてみる。体調悪い時は3包にしてみる。体調悪い時が長かったので、体調が良くなっても、しばらくは2包で様子を見てみた方がいい。
    レシチンは脂溶性の栄養素なので、2.3時間で体外に排出されるものではないので、朝2包、夜1包でも大丈夫。

 

  • 上記改善をしても変化を感じられなかった場合は、現状の状態をより正確に把握する為に、再度毛髪検査をしてみる事もおススメ。

以上です。

あくまで我が家の食生活ベースでのアドバイスなので、ご参考までに。

いつも、ナチュラルクリニック代々木の同じ管理栄養士さんに電話で相談させて頂いているのですが、知識の豊富さが素晴らしく、15分単位で料金が発生するので、一秒も無駄にしないくらいの情報量をくださり、本当に感謝しています。

管理栄養士さんの言葉で印象的だったのが、

「ベターを積み重ねていく事が大事」

すごくシンプルな言葉ですが、これが本当に大事で、何も考えずに食べたい物を食べたいだけ食べているのではなく、体調悪くなった事をきっかけに、自分にとって何が必要で、何が不要なのかを知る事で、食の大切さを知り、元気で生きていく為に一生物の体を作って行く事に繋がるので、毎日の積み重ねがホント大事。

これらのアドバイスを受けて、今回GABAリゾレシチンを追加注文したので、食生活の改善をしながら様子をみていこうと思います。


栄養療法は最強の治療法だと思います。まずは知る事!そして出来る事から実践してみてくださいね。大丈夫!きっと良くなります!

お薦めサプリ: EPA/DHA

いろいろなサプリを試した結果、私がおススメしたいのはさかな暮らしのEPA・DHA。
我が家では、家族全員が毎日摂取しています。
それが出来るのも、この配合量で1ヶ月2520円!というコストパフォーマンス的にも一押しのサプリ(^^)/

なかなか知られていないと思いますがEPAの含有量がDHAより多く配合されているメーカーは少数。有名どころの大手メーカーはEPA<DHAの配合量なのがほとんど。

脳神経機能改善・血流改善・抗酸化作用・抗炎症作用と多くの効果があるEPA・DHAは必須サプリです。

 

みやび

コストパフォーマンス的には、みやびのDHA・EPA・おめがプラスは、含有量が857mgの高配合で、1ヶ月1,776円!これなら続けやすいですよね。^^

 

お薦めサプリ: K・リゾレシチン


【K・リゾレシチン】アルファベスト(生ゼリータイプ)
このリゾレシチンは、「軽度認知障害を治療又は予防するための組成物」として特許を取得した画期的なサプリなのです。

摂取後わずか10分~15分ほどで「血液脳関門」を透過し、脳神経細胞に吸収されて、脳内ホルモンの分泌促進やバランスをとることに成功したサプリ。

クリニックで処方される方が多いと思いますが、我が家の兄弟は、この優秀なリゾレシチンとの出会いで助けられました。

↓ポチッとして頂けると励みになります。(*^^*)

  にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ

-病院・検査編, 食事・サプリ
-,

Copyright© 起立性調節障害 克服日記:にじいろ , 2022 All Rights Reserved.