ヘッダー画像からトップリンク

食事・サプリ 腸活

体調悪い時の食事・注意していること

投稿日:2022年5月4日 更新日:

体調悪い時に意識して作っている食事、そして注意している事は、

  1. 消化にいい物を摂取
  2. 薬膳スープ・長生きみそ汁
  3. アレルゲンになる物は徹底排除
  4. 添加物は徹底排除

これらの事は、普段からずっと出来たら勿論いいのですが、体調悪い時は、より意識して徹底する事で免疫力を上げるようにしています。

これは受験の時も徹底していた事。

とにかく、免疫力をあげて風邪をひかないようにし、頭がクリアになり集中力をあげるように、上記4つの事を徹底していました。

そして、お兄ちゃんのように精神的ストレスを受けると、すぐに胃腸の働きが悪くなるタイプは、食べ物を工夫して消化吸収をサポートしてあげる必要があると感じています。

 

1.消化にいい物

出来るだけ胃腸に負担をかけないようにしてあげる事で、胃腸の働きが悪くなっている時でも、食べ物が消化吸収できるようになります。

消化にいい物とは、

  • 食品そのものが消化に良いこと
  • 消化に良い調理がされていること

この2点。

食品そのものが消化に良いものとは、

  • 食物繊維が少ないもの
  • あぶらが少ないもの

食物繊維は腸活に必要な物ではあるのですが、胃腸を休ませてあげたい時には、少しセーブしてあげる必要があるんですね。

なので、食物繊維いっぱいの生野菜より温野菜。こんな風に消化に良い調理がされているだけで、胃腸の負担は軽くなります。

そして、油が少ないものとは、

揚げ物だけに限らず、カップ麺、チャーハン、ラーメンなどは想像できる範囲だと思いますが、卵料理で言うと、ゆで卵<目玉焼き<卵焼きの順に油が多くなっていますよね。これはあくまでも一つの事例ですが、こんな感じで調理法を工夫して、余計な油を摂らないようにしてあげる事が大事です。

 

2.薬膳スープ・長生きみそ汁

薬膳という言葉を調べてみると、

薬膳(やくぜん)とは中医学理論に基づいて食材、中薬と組合せた料理であり、栄養、効果、色、香り、味、形など全てが揃った食養生の方法である。「薬膳料理」と称されることもあるが、「膳」自体に「料理」の意味が含まれている。

Wikipediaより

こんな風に書いてあると、とっても敷居が高く感じてしまいますが、実は特別な食材を使わなくても、いつもの食材で簡単に作ることができます。

野菜スープや、お味噌汁をメインにした食事は、血圧・血糖値を安定させ、肝臓にも優しいので、胃腸が休まり、免疫力の強化に繋がります。

最強の野菜スープ 40人の証言
がんや感染症に負けない免疫力&抗酸化力をつける

前田浩

 

 

3.アレルゲンになる物は徹底排除

お兄ちゃんの場合、アレルギー検査で陽性なのは、カモガヤ・オオアワガエリ・ヨモギ・スギ・ヒノキ・ハンノキ・シラカンバ

これらは直接食べる物ではないですが、気を付けないといけないのが交差反応。例えば、イネ科の植物にアレルギーがあると、イネ科の植物に構造が似ている食物に反応してアレルギー症状が出てしまうというもの。

イネ・カモガヤ花粉アレルギーの人は、小麦、トマト、スイカ、メロン、オレンジに交差反応が出てしまうんですね。

これらの食物は普段は大丈夫でも、花粉症状が強い時には交差反応が出てしまう可能性があるので、控えた方が賢明。

お兄ちゃんは花粉症も克服していたので、交差反応も気にする事なく、大好きな柑橘類も毎日のように食べていたのですが、体が弱っている時には気を付けるべきだと思い、控えるようにしています。

以前調べた遅延型アレルギーでも、小麦・乳製品に並んでオレンジが高反応に出ていました。その時は不思議に思いましたが、交差反応を知ってからは、納得の結果でした。

交差反応についてまとめた以前の記事

これが原因だったの⁉ 小麦アレルギーとなった元凶

小麦アレルギーじゃなくても小麦に反応してしまう訳 いきなりですが、口腔アレルギーってどれだけの方が認識しているのでしょう? 口腔アレルギーとは交差抗原性と言われているもので、アレルゲン元のタンパク質の ...

続きを見る

 

4.添加物は徹底除去

これも日常的に当たり前の事なのですが、体が弱っている時、受験などの大事な時は、より一層注意しています。

加工食品を買わない。外食も控え、ドレッシングも手作りで作るようにして、徹底して過ごします。

勿論、ある程度元気になってきたら、少しの手抜きや外食もしますし、小麦のラーメンを食べてみたりもしますが、体調悪い時には、一刻も早く元気になってもらう為に、これは徹底してやっていきます。

お母さんは大変ですけど、こうして徹底してあげる事が結局は早い回復に繋がるので、母も看病生活から解放されるということ。

「急がば回れ」

食事の見直しで体を整えるなんて、ものすごく遠回りのように感じるかもしれませんが、病気と闘うには、人間の体が本来持っている免疫力を上げるのが一番確実。そしてこれらの事が習慣化されてきたら、体質改善できてアレルギーも克服できたら一石二鳥ですよね

 

体と心の疲れが消えて行く「滋養食」
すべての不調は「内臓疲労」が原因だった

藤田紘一郎

栄養療法は最強の治療法だと思います。まずは知る事!そして出来る事から実践してみてくださいね。大丈夫!きっと良くなります!

お薦めサプリ: EPA/DHA

いろいろなサプリを試した結果、私がおススメしたいのはさかな暮らしのEPA・DHA。
我が家では、家族全員が毎日摂取しています。
それが出来るのも、この配合量で1ヶ月2520円!というコストパフォーマンス的にも一押しのサプリ(^^)/

なかなか知られていないと思いますがEPAの含有量がDHAより多く配合されているメーカーは少数。有名どころの大手メーカーはEPA<DHAの配合量なのがほとんど。

脳神経機能改善・血流改善・抗酸化作用・抗炎症作用と多くの効果があるEPA・DHAは必須サプリです。

 

みやび

コストパフォーマンス的には、みやびのDHA・EPA・おめがプラスは、含有量が857mgの高配合で、1ヶ月1,776円!これなら続けやすいですよね。^^

 

お薦めサプリ: K・リゾレシチン


【K・リゾレシチン】アルファベスト(生ゼリータイプ)
このリゾレシチンは、「軽度認知障害を治療又は予防するための組成物」として特許を取得した画期的なサプリなのです。

摂取後わずか10分~15分ほどで「血液脳関門」を透過し、脳神経細胞に吸収されて、脳内ホルモンの分泌促進やバランスをとることに成功したサプリ。

クリニックで処方される方が多いと思いますが、我が家の兄弟は、この優秀なリゾレシチンとの出会いで助けられました。

↓ポチッとして頂けると励みになります。(*^^*)

  にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ

-食事・サプリ, 腸活

Copyright© 起立性調節障害 克服日記:にじいろ , 2022 All Rights Reserved.