ヘッダー画像からトップリンク

起立性調節障害

【熱中症対策】スポーツドリンクと経口補水液どっちがいい?

投稿日:2021年6月21日 更新日:

OD卒業したお兄ちゃんと、OD卒業間近?な弟くん、

2人共、起立性調節障害になる前はバリバリのサッカー少年でした。

その頃は当たり前のように、サッカーの時に持参していたスポーツドリンク。

けど、、、

今は、スポーツドリンク=砂糖水という事を知ってしまった為、買う事はありません。

合わせて必ず持たせていたゼリー飲料には、180gの中に角砂糖13個分の糖分が入っているという事実。

驚愕の量ですよね。。

この辺りの事は以前の記事にまとめてあります。

 

とはいえ、脱水時に必要なのは、水ではなくて「体液濃度に近い水分の補給が必要」=イオン飲料。

スポーツドリンクもイオン飲料に当たりますが、上記理由でパス

という事で、糖分すくなめで塩分が多い、経口補水液に軍配があがるのですが、

経口補水液には、リン酸Naが含まれている。。

【生活クラブ】の要注意食品添加物リストを見ると、

リン酸Naの問題点として、「腎臓機能低下の誘発、腎石灰症の発症率が高まるなどの報告があります」と明記されています。

 

なので、このリン酸Naが入っていないイオン飲料を探してみると・・・

ありました

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【1箱・24本】埼玉医科大学 経口補水液 500ml【リン酸不使用】【送料無料】
価格:4773円(税込、送料別) (2021/6/20時点)

楽天で購入

 

埼玉医科大学監修のもと生まれたリン酸不使用の経口補水液

この商品に辿り着いた自分にも拍手を送りたい

一本当たり約200円なので、薬局でよく見かける経口補水液と同価格なんて素晴らしいです

経口補水液は、飲む点滴と言われているので、スポーツやトレーニング時はもちろん、夏の暑さや発汗により失われた水分や電解質補給、食欲不振時などで速やかに補給できるイオン飲料水ですが、

予防として、日常的に摂取するのはあまり好ましくない事。

経口補水液はナトリウムやカリウムの量が多いので、高血圧で治療中の人や腎臓疾患を持つ人は要注意。
また、ブドウ糖も多めなので、糖尿病で血糖値のコントロールをしている人も要注意です。

基本的には、常用しない。補助食品としての位置づけで。

栄養療法は最強の治療法だと思います。まずは知る事!そして出来る事から実践してみてくださいね。大丈夫!きっと良くなります!

お薦めサプリ: EPA/DHA

みやび

コストパフォーマンス的には、みやびのDHA・EPA・おめがプラスは、含有量が857mgの高配合で、1ヶ月1,776円!これなら続けやすいですよね。^^

有名メーカーのサプリは、宣伝費が入っている分高額になってしまうし、含有量もみやびより少ないので、断トツみやびに軍配があがります。

我が家では、家族全員で毎日摂取しています♪

脳神経機能改善・血流改善・抗酸化作用・抗炎症作用と多くの効果があるEPA・DHAは必須サプリ!

 

お薦めサプリ: K・リゾレシチン


【K・リゾレシチン】アルファベスト(生ゼリータイプ)
このリゾレシチンは、「軽度認知障害を治療又は予防するための組成物」として特許を取得した画期的なサプリです。

摂取後わずか10分~15分ほどで「血液脳関門」を透過し、脳神経細胞に吸収されて、脳内ホルモンの分泌促進やバランスをとることに成功したサプリ。

クリニックで処方されて知る事になりました。ちょっと高いですが、受験期を乗り越えられたのも、この優秀なリゾレシチンとの出会いがあったおかげかもしまれせん。

↓ポチッとして頂けると励みになります。(*^^*)

  にほんブログ村 病気ブログ 起立性調節障害へ

-起立性調節障害
-, , ,

Copyright© 起立性調節障害 克服日記:にじいろ , 2022 All Rights Reserved.